2018/10/13
多くの魚は春と秋に産卵期を迎えます。湘南から小田原の沿岸にかけても、秋の朝曳シラス漁が始まりました。毎朝7時頃に水揚げします。 沿岸で産まれた大量の稚魚は、なによりまず餌としての役割を担うため、次々と成魚を呼び込みます。 秋の大漁シーズンを底から支える大切な存在であり、それ自体もとても美味しい食材であるシラス。...
2018/10/09
昨年はカワハギが不漁でずいぶん苦労しましたが、今年は順調に獲れてきました。 500gUPの良い型も獲れています。 これから白身のエースとして冬場のヒラメが始まるまで仕入れ続けます!!
2018/10/09
台風の後、海底の岩場から出てきたクエ。 相模湾の定置網に入るクエは通年極上品で、まず外れがありません。 イセエビやヒラメの刺網にかかるクエは、痩せてる場合もありますが、定置は100%脂あり。 長崎などのクエと比べても、相模湾の定置網の方が段違いに良いです。 その分値も張りますが、価値がある魚です。
2018/10/06
2018/10/01
猛烈な台風24号の影響で全船休漁だった小田原の港。定置網の漁師さん達は、クレーンで数キロに及ぶ網を引き揚げて、総出で補修作業にあたっていました。 昨夜の嵐もどこへやら、のどかな港の風景です。
2018/09/29
数年前に焼津で見て以来、今回は小田原の定置網(二宮)に天然シマアジ2kg物が10枚入りました!! 小田原でこんなに大型のシマアジが群れで入ったのは、記憶にありません。 少なくともここ8年くらいはなかった椿事。 4枚ほど買い付けました。太ってます、元気です!!  久々に魚の威容に圧倒される体験。
2018/09/26
深いところにいるエビ。 尻尾が丸く内側に畳まれているユニークな姿は、カニとエビの中間のような恰好。 大きい個体は刺身もとれます。非常に美味。 よい出汁が出るので、梨割りにして味噌汁や、炒めてパスタも美味しいです。 レアな食材!!
2018/09/20
ようやく相模湾も秋の甘鯛釣りが始まりました。これは大磯で釣れた甘鯛。漁場が素晴らしく、太った良い魚が釣れます。 この甘鯛、言わずもがなの非常に美味な魚ですが、甘鯛釣りの外道で獲れるヒメコダイ(下の写真)も捨てがたい美味しさです。 さんの水産ではイタリアンのお店や天ぷら屋さんから天種としてご注文頂きます。
2018/09/20
駿河湾、富山湾と並んで日本3大深湾に数えられる相模湾。 急激に深くなるため、様々な魚種の生態系がみられます。 桜えびと言えばお隣、駿河湾・由比の専売特許ですが、小田原の定置網にも、深海からの上げ潮によって桜えびが混じることがあります。 とても希少で、透明感ある身はそのまま食べても全く癖がなく、甘みがあってとても美味しいです。
2018/09/19
ようやく本カマスの姿がチラホラ見えてきました。腹を押すと厚くて硬い、脂ののった秋カマスです。 朝どれは皮目を炙って刺身でも美味しいですし、特に泳ぎの活カマスを活〆神経抜き、血抜きしてから造る刺身は身質もキレイで非常に美味です!! もちろん、焼いても本領発揮します。 揚げるなら今大量に獲れている大和カマス(ミズカマス)がお勧め。

さらに表示する